1. >
  2. カードも使い方次第!返済額と金利は必ず把握を。

カードも使い方次第!返済額と金利は必ず把握を。

1社1社の限度額と返済額しかみてなくて、後悔したことがあります。

毎月このくらいの返済額なら大丈夫と、1社1社の返済額は少なくても、総合してみると結構な返済額になり月々大変な思いをしたことがあります。

本当に1社の返済額は5千円から1万円と、若い人でもお給料内で返せる程度です。

だから調子にのり、ほしいものは少し高くても、カードなら買えちゃうのです。

ふたを開けてみると毎月返済に5万円を超えることも。

車のローンと合わせると、もうお給料だけではいっぱいいっぱいって月もありました。

現金だと購入を我慢できるものでも、カードとなると「月々いくらだし」と、安く感じてしまうんですよね。

しかもリボ払いにすると金利も高く、本来の額しか頭に入れてないと、結構痛い目にあいます。

使うたびに、現在の利用額と返済額を確認して使うことをおすすめします。

そして実際に購入するとどれだけの金利なのかも把握しておくべきです。

うまく使いこなせると本当に便利なカードですので、カードは使い方を自分の中で決めてから利用するといいと思います。

現在はどうしても必要で、大きな金額のときだけ利用しています。

ポイントがたまったりして、本当に賢い利用次第では便利だしお得なときがあるんですよね。

カードローンは本当に便利なのか?

自分はクレジットカードなら利用した経験がありますが、カードローンに関しては1の質問でお答えした通りございません。

カードローンと聞いてまず思い浮かぶのは、銀行のCMです。

カードローンに関する深い知識はありませんが、以前知人が明細書以外に取引履歴が確認出来ないと言っていたのを聞いて不便だと感じてしまいました。

また、銀行だけでなく保証会社からの審査も必要らしいので、あまり気軽に申し込みを出来ない印象があります。

カードローンは使い方次第

カードローンは50万が限度額のやつを使ったことがあるのですが、ついつい使ってしまい返済するのが大変でした。

カードローンはよほど管理するのが上手な人でないと、返済するためにまた別のところから借りてしまい、雪だるま式に増えてしまいます。

買い物するのにはとても便利なのですが、やはり買い物は現金主義でいった方がまちがいありません。

銀行系のカードだったらまだ金利もやすくて元金の減りもはやくてまだ何とかなるのですが、サラ金だと18パーセントとるのでたいへんです。

結論をいうとカードローンは使わないほうがいいと思います。